<< カイ君 2章 | main | カイ君No4 >>

カイ君No.3

カイ君の研究テーマはタカラ貝でした。
うっかり表紙を見逃してました。
いろいろな文献をよく調べていると思います。
以下原文
タカラ貝の文明史(honz.jp)
中国で18世紀までタカラ貝は貝貨として流通していた。
ちょうどいい大きさのキイロダカラやハナビラダカラが珍重された。
タカラ貝はお金として使用されました。
17世紀から18世紀
西アフリカの現在ペナン共和国にあったダホメ王国では宝貝が貨幣(お金)として使われてきた。
宝貝がないと全く買い物が出来なかった。
仕事1日の賃金 宝貝 120個
ニワトリ1羽 宝貝 200個
大人1日の生活費 宝貝 100個

スポンサーサイト

  • 2018.02.14 Wednesday
  • -
  • 09:34
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM